このページは

小説家になろうAPIから小説のデータを持って来て、
機械学習で自動的に分類して(いまいち精度がでないので手を直しながら)作った中国史(殷~唐まで対応)に関する小説を
並べているページです。最新500件に入って来てるものから抽出してます。時々更新するかも。

国士無双~韓信伝説

作者:たまらんち

国士無双と言われた漢の三傑の一人、韓信(かん しん 生年不明 - 紀元前196年)の物語を楚漢戦争を通して出来るだけ分かりやすく、史実7割フィクション3割ぐらいで書きました。 無双と言うと一人で多勢をバッタバッタ切り倒しまくるイメージがありますが(自分も無双シリーズ大好きです。) 本来の意味は 国に双(ふた)りと無(いな)い士(おとこ、さむらい、人材) 実際に国士無双と言われた韓信はどう無双だったのか?? その辺を書いていけたらと思ってます。 秦の始皇帝。中国四千年の歴史の中で初めて全国統一を成し遂げた男。 その能力はもちろんだが、残忍で人を信じれない性格からその統治は苛烈を極めた……。 始皇帝が死んだことによりまるで、たがが筈れたかの様に反乱が全土に拡がる。韓信は将として戦を思い通りに動かしたいと願い、戦乱のを中に身を投じて行くが与えられた役割は一兵卒であった…… どうぞよろしくお願いします。 十三面待ち?

破天荒列伝

作者:竜門やよい

中国漢王朝、武帝の時代を舞台にしたフィクション。藍田(らんでん)に住む劉星影(りゅうせいえい)は武芸の得意な男装の美女。平凡な生活を送っていたが、結婚を間近に控えた妹の劉星蓮(りゅうせいれん)が、誘拐同然で後宮に召されてしまった。激怒した星影は妹の婚約者・安林山(あんりんざん)と共に妹奪回のためある行動に出るのだが・・・。

空谷の声

作者:さとう晟

古代中国、漢の国を興した劉邦を補佐した名参謀、張良の話。

悪女達の申し分~呂后の場合~

作者:みうらうめあき

悪女達の申し分~呂后の場合~ Short novel:Wicked women's excuse.In case of "Empress Lu Zhi" ・あらすじ  古代中国、二世皇帝の三年(紀元前207年)…  楚の若き王、懐王はいよいよ秦打倒のための好機とみるや、二人の将軍を派遣した。その名を項羽と劉邦と言う。  何から何まで対照な二人の将軍であったが、それは彼らの妻も同じであった。    劉邦の妻、呂雉と項羽の妻、虞姫。  お互いにないものを持つ両者は、自然と惹かれあった。夫の留守を守る閒、両者はしばしば歓談を重ねて、親交を深めていった。  両者と、その夫に待ち受ける運命を知る事無く… 重複投稿作品です。詳細は下記HPをご確認ください。 http://ameblo.jp/nankohbai/entry-11945992674.html

三国

寒鴉逍遥

作者:阿礼 季枝

建安十三年、冬。かつて劉備軍を軍略によって勝利に導いた男は、曹操軍と劉・孫連合軍が対峙する赤壁から遠く、西涼の地に赴いていた。 友からも新旧の主君からも離れ、ただ流されるままにたどり着いた辺境で、男が掴むものとは。 三国志演義のマイナー人物、徐庶を主役にした軍記物風の物語です。実在の人物の設定や性格の捏造・創作人物などが入り混じる内容となりますので、苦手な方はご注意ください。

アイコン三国志

作者:小金沢

総数600以上のアイコンで語る三国志です。 黄巾の乱~三国統一まで続きます。 週1回以上の更新を目指します。 アイコンは 極 かまいたち 池田麺太郎 空管弦楽 の4氏に描いていただきました。 登場人物紹介はこちらです。http://ncode.syosetu.com/n7128ck/ ※小金沢ビルヂング http://koganezawa.hustle.ne.jp/ にて連載中の作品を加筆・修正のうえ新キャラを足して転載しました。 いちおうこちらが完全版ですが、アイコンは小サイズ限定です。 ◆12/1 張曼成、文醜のアイコンを新作に差し替えました

新説 呂布奉先伝 異伝

作者:元精肉鮮魚店

時は今から千八百年以上前。  四百年続く栄華を誇る王朝にも、腐敗が進み始める。  それは徐々に、しかし確実に、表面に出る頃には誰にも止める事の出来ない崩壊を引き起こす。  それが呼び水となり、後に百年に及ぶ戦乱の世となる。  時代は後漢末期。  綺羅星の如く英雄達がしのぎを削り、知恵者が全身全霊をかけた戦いの時代。  その中にあって、最強の武将と呼ばれる人物がいた。  飛将軍と呼ばれる事となる、呂布奉先。  三国志正史の著者、陳寿はこう評した。 「虎の様な強さがありながら英略も無く、軽はずみにして狡猾、ただ目先の利益を追う。この様な者が破滅しなかった試しはない」

破鏡の世に…

作者:刹那玻璃

後漢王朝は、形ばかりのものになりつつあった190年後半。 曹孟徳による徐州大虐殺から姉弟たちとともに逃れ、逃れて荊州の襄陽にたどり着いた諸葛孔明、16歳。 現在の趣味は畑仕事に掃除、洗濯に内職。裁縫も得意だ。星を読むのは天候予測のため。でないとご飯にありつけない。一応学問はさらっているが、それが今現在役に立っているかは不明。そして早急に必要なのは姉弟の腹を満たすものと、結婚適齢期を過ぎつつある二人の姉の嫁ぎ先! 性格は悪くないものの破天荒な姉弟たちによって磨かれた「おかんスキル」と、新しく親族となった一癖どころか二癖も三癖もある人々のなか、なんとかいかに平和に、のんびりと、無事にやり過ごそうと努力したもののことごとく失敗し、ごく当たり前に丞相になってしまった、というお話。 …のはずでしたが、登場人物全てが、変かまともか解らない暴走系な三国志です。

袁術異聞伝

作者:ろひもと 理穂

群雄割拠する三国志の時代の中で自らの王朝を築いたというレアな存在、袁術にスポットを当てたお話です。  なるべく実在のお話に近い形にしたいのですが、おおよそ仮想的なものになりそうです。他の英雄ファンの皆様には納得できないシーンも出てくると思いますがご勘弁を。(あの武将はあの武将が倒したはずだ!とか。あの武将はこの軍にはいなかったはずだ!とか)  寛容なお気持ちで読んでいただければと思います。    第1章 反董卓連合は・・・「汜水関の戦い」孫堅や周瑜、関羽や張飛、趙雲に呂布が大活躍。  第2章 そして寿春へ・・・「連環の計」「潁川の戦い」董卓旗下の李傕や李儒、牛輔のほかに荀彧や公孫越、呂蒙や太史慈などが登場します。  第3章 蠱毒・・・ 「徐州大虐殺」「呂布の旗上げ」いよいよ曹操や劉備も本格的に登場です。

戯・呂布伝

作者:ヒノマル

悪しき最強武将と名高い呂布 惚れた女に一直線で、悪い男は親でも殺す ・・・案外いいヤツだったんじゃ? という仮定から始めた呂布話です。

アイコン三国志 人物名鑑

作者:小金沢

拙著「アイコン三国志」http://ncode.syosetu.com/n7252ch/の人物紹介です。 「アイコン三国志」の連載に合わせて公開していきます。

真・恋姫†無双~殺し屋、転生~

作者:THE・ザッチャン

殺し屋が何の気紛れか、道路に飛び出した少年――ではなく少年を助けようとしたドジッ娘を助けこの世を去った……のだが、何故か三国志に似た世界へ転生、群雄の1人陶謙の息子、陶商になっていた──。 そんな主人公の歩む道は覇道か王道、それとも邪道!? 軽く人格崩壊してる主人公の気紛れな行動で歴史はどう動くのか?

満月の美しい夜に…

作者:刹那玻璃

刹那的三國志のキャラクターが、現世にいけばどうなる?こうなるでしょう!! というわけで、問答無用の三國志です!! 本編中心ですので不定期連載になりそうです。

真・恋姫†無双 ~昭烈異聞録~

作者:不識庵・裏

「北郷一刀」は聖フランチェスカ学園に通うごく普通の高校生である。普通に学園生活を送っていた彼であったが、そんなある日、彼は朝寝坊をしてしまう。大慌てで寮を出て学校へ大急ぎで向かっていたが、その途中謎の光に包まれて意識を失ってしまう。次に彼が目にした物は、見た事も無い光景であった。右も左も判らぬ土地を当て所なく彷徨う一刀であったが、遂に力尽きて行き倒れてしまう。然し、運良くその場を偶然通りかかった少女に一刀は命を救われる。その少女は姓は劉、名は備、字は玄徳と名乗った。  彼女に導かれ、激動の時代を生き抜いた漢と出会った一刀は、自らも激動の時代の渦中に飛び込む事になったのである。

もしもの世界「漢の復権」

作者:トランペッター

もしもの世界シリーズ第三弾。 歴史のタブー、「IF」。しかしそれは誰もが考える。考えてしまう。この物語は三国志のそんな「IF」で紡ぐ物語。しかしこれは実際にあったかもしれない物語でもあるかもしれない。 「ハーメルン」にてマルチ投稿中

三国志演技

作者:ゴールデンエイジ

目を覚ますと主人公は諸葛亮孔明になっていた。 三国志の知識が少ししかない主人公は枕の下にあった本を元に様々な問題を孔明になりきって解決し、劉備の天下統一を助ける。

三国志異聞~謀殺~

作者:筑前筑後

三国志のターニングポイントとなった赤壁の戦いに勝利した劉備は、大きな岐路に立たされていた。 今後、どう進んでいくのか。そう悩む劉備の前に、再びあの男が現れる。 ※この物語はフィクションです。実在の人物・団体・地名とは一切関係ありません。

真・恋姫+無双 絶望への終焉

作者:八百屋

長坂で曹操軍の奇襲を喰らった北郷一刀とその仲間達。  そして、星が取り残されていると聞いた一刀は星を助けるべく長坂に戻った。  そして星を助けたが、そこでとんでもない事が起きてしまった。  まだ見ぬ武将、変わった仲間達。  そして、悲しき真実を知る。(これは終わりと悲しみを修正し、再投稿した物です)

現代孔明

作者:フジオ

戦国時代に飛び立った現代の高校生「竹中重治」が、何の因果か中国の三国時代の英雄、諸葛孔明の生まれ変わりとして今孔明と称えられた天才軍師竹中半兵衛として戦国の世を駆け抜ける! 今孔明?いやいや未来からきてるし、未来孔明…いや、現代(いま)孔明だ!

斜読三国志

作者:amino

未完成ですぞ 現在校閲や追加等を行ってますが終わりが見えないどうしようorz 豪族の力を利用して成立した後漢は衰退していた。時代は新たな英雄を求め、人々は三国興亡の中で乱世を生きる

三国志異聞~無影の男~

作者:筑前筑後

徐州を任された劉備の前に現れた、影の男。 私兵[無影]を率い、謀略を成すその男が抱える過去とは? 三国志を使って紡ぐ歴史ファンタジーSS。 ※この物語はフィクションです。実在の人物・団体・地名とは一切関係ありません。

三国野球伝~ドキッ☆武将だらけの野球大会~

作者:八木☆崎753

パワプロ2011をやっていて、思ったこと・・・ 「戦国時代で野球やっているんなら、三国志でもできんじゃね?」 そんな思いから、唐突に考え付く歴史物野球ギャグファンタジー作品。 三国時代にタイムスリップしてしまった、主人公、豊田の運命はいかに!? 各方面から怒られる覚悟で執筆していきます。

胡蝶の夢物語 〜我三国志に出ずる〜

作者:自称歴史考古学博物館館長

後悔、無念、憎悪それら全てを背負いし若き男。彼はもう一度生を受ける。 しかし彼が行き着いた場所は昔生きていた時代と全く違った場所だった。 彼はこの時代をどう過ごしていくのか、そして彼はどのような運命を歩むのか。 初投稿で、不安定な投稿となりますがよろしくお願い申し上げます。

覇王の息子 異世界を馳せる

作者:チョーカー

官渡の戦いで曹操、討ち死に!? 袁紹軍に包囲された宮殿。曹操の後継者 曹丕は死を覚悟していた。 しかし、袁紹軍の包囲網を突破し曹丕を救った者がいた。 その者の名前は関羽。 夜通し逃げ走った2人がついた先は 魔法と呼ばれる幻術が存在し、モンスターと呼ばれる魑魅魍魎が存在する世界だった。 そんな世界で曹丕は、覇王として復権を目指して進んでいく。

黄鬚、最後の戦い!

作者:柳原史弥

曹操の子供の一人曹彰。不仲の兄、曹丕からの碁の誘い。黄鬚と呼ばれた男の最後の戦がはじまる!

三国志曹節伝 愛のままにわがままに

作者:神楽 佐官

四百年続いた漢王朝は終焉を迎えようとしていた。 漢の献帝劉協に嫁いだ三人の曹操の娘。 なかでも曹節は不思議な魅力を湛えた少女であった。 曹操の娘である三姉妹に触れようとしない劉協。 それは傀儡同然の存在でありながらも、漢の皇帝としての最後の矜持でもあった。 だが、曹節は賭けを持ちかける。 『もしも皇后の愛が冷めたら、陛下の子供を産ませてください』

晋は平和で良い処也

作者:和久名 真王

暗愚の代名詞と化した感のある劉禅さんの暗愚エピソードである、「晋は良いところ」発言を(ちょっとどころではなく黄色いのこと黄皓の責任をマシマシにして)フォローしてみた作品です。 黄皓が完全にクズ? 原典からして……

晉の国の話

作者:中西魯和(rona9229)

『資治通鑑』に基づく、晉の国の話

僵尸(キョンシー)

作者:諸橋亜蘭

中国・唐は粛宗の時代。もと遣唐使の安倍満月(あべのみちつき)の生業は京師・長安の骨董商。実は、武芸百般修めた凄腕の暗殺者。神も仏も信じない彼だったが、「殭屍(キョンシー)」を操り、国家転覆をはかるカルト教団「諸葛教」との闘いに巻き込まれていく冒険活劇。

眉月に雲はかかり

作者:石川千鶴

唐の国の楊貴妃こと楊玉環は死後、仙女になっていた。 そんな彼女は幼い頃の記憶をある時に思い出していた。義理の姉の柚杏(ゆあん)と共にあった日々から思い出は始まる。そんな玉環の物語である。

王勃伝

作者:kaneko

初唐の四傑と称される王勃の人生。 月曜日と金曜日に更新予定。でも実際は不定期。 もくじ ・1 竜門の神童 ・2 初唐の四傑 ・3 重陽の節句 ・4 三国志の英雄 ・5 哈密瓜の皇子 ・6 皇子の野望 ・7 王勃の志 ・8 檄文は激励に非ず ・9 一番近くの敵 ・10 遙かな蜀 ・11 穴熊の地より ・12 雨の日の情景 ・13 雨はいつかやむ ・14 友のために怒る ・15 唐朝の二つの敵 ・16 鶏が人を滅ぼす ・17 四面楚歌 ・18 刃は痛みをともなう ・19 獄中の才子 ・20 南の果て ・21 長安の声 ・22 知らない者との再会 ・23 南船北馬 24以降未定 参考文献 ★旧唐書 ★新唐書 ★漢書 ★中国歴史地図集第五冊 ★入蜀記 ★図説 民居―イラストで見る中国の伝統住居 ★図説中国文明史 (6) 隋・唐 開かれた文明 ★山月記 ★唐律疏義 ★唐詩選 ★全唐詩 章懐太子:黄台瓜辞 杜易簡:湘川新曲二首 王勃:滕王閣 王勃:蜀中九日 ★全唐文 14巻。襃皇太子上所注後漢書手敕 15巻。誡滕王元嬰書 161巻。王氏家書雑録 その他、増えるたびに追加します。 もし歴史事実の誤り等がありましたら、ツイッター@contemporain2の方で「なんか、間違っているっぽい?」とご指摘いただけると幸いです。 もちろん、創作の都合上意図的に史実を変えている部分もありますが、9割は素で間違えていると思われます。